私の「楽しい」の定義

#しがないラジオ 2 Advent Calendar 2018 14日目の記事です。 adventar.org

13日目はgenneiさんの「外から眺めていたしがないラジオ」という記事でした!
去年から始まったしがないラジオAdvent Calendarの言い出しっぺの方だそうです。
この一年でのしがないラジオコミュニティの広がり方は目を見張るものがありますね。 blog.gennei.coffee

自己紹介

いけ(@otty_375)です。普段はWebエンジニアとして働いています。
Java女子部というコミュニティの運営メンバーに参画しています。

私の「楽しい」の定義

先日参加した「#しがないラジオmeetup 2」にてarcさん(@arc_candy)のLTで「私の『楽しい』の定義」という内容の発表がされていました。

資料:SIerのSEでWEB関係の仕事を始めたら楽しくて仕方がない話 - Speaker Deck

自分が「楽しい」と思えるプロセスを言語化をすることで、これから新しく始める事柄(仕事でも趣味でも)にも適応できるといったようなことを話されていました。
とても良い発表だと思ったので、私も自分なりの「楽しい」の定義を考えてみました。

一言で言うと

私の「楽しい」の定義は、自らの好奇心で身につけた力を活用して誰かの課題解決ができること。

去年までは?

去年まで、つまり何も行動を起こしていなかった時の「楽しさ」は自己満足の「楽しさ」で構成されていました。

例えば以下のような要素です。

  • 未経験でIT業界に飛び込んだので日々新しいことを知れて楽しい
  • 自分がコードを書いた通りに動いて楽しい
  • 自分が出来ることが増えていって楽しい

自分自身が楽しむため、自己満足で楽しい状態でした。
プログラミングなど技術的な手段そのものを学ぶことが目的になっていました。*1

この一年でどう変わったか?

ここ一年の「楽しい」には、上記の自己満足的な楽しさだけでなく、誰かの課題解決ができることが加わってきました。
ここで言う「誰か」は広い意味を含んでいます。
例えば以下のような事柄です。

  • 自分に対して
    • 日常で不便なことを自作ツールで解消することができて楽しい
  • ユーザに対して
    • 仕事で業務ツールを作っているので、機能追加などで業務効率化に貢献できていて楽しい
  • チームに対して
    • チームの抱える問題点をスクラムマスター的な観点で見つけだすことができて楽しい*2
  • 社会に対して
    • コミュニティ活動でイベントなどを開催することで、学習の場や交流の場を求めているエンジニアに対して価値を提供できて楽しい

自分の力や行動で誰かの課題解決ができることを「楽しい」と思えるようになってきました。
去年までは技術的な手段を身に付けること自体が目的になっていましたが、手段を手段として実際に活用し始めた段階です。
しかしまだまだ自分の現在の力では解決できない課題もたくさんあります。また、課題を見つけ出すスキルはまた別に必要になってくると思います。
もっともっと技術力や課題発見力などを身につけてチャレンジングな課題を解決できるようになりたいです。
そしてその結果誰かの役に立つことができれば良いなと考えています。
   

まとめ

私の「楽しい」の定義を考えることで、今の自分が何に価値を見出して活動しているのかを言語化できました。
人によって「楽しい」の定義は異なると思うので、他の方の意見も聞いてみたいですね。
良かったらあなたの「楽しい」の定義を教えてください。

以上です。
最後までお読みいただきありがとうございました!


15日目の記事はhekitterさん(@hekitter)です!
「しがないラジオと出会いと考察」について記事を予定されています。
楽しみですね!

*1:手段が目的になっている状態自体は悪いことではないと思っています

*2:スクラムは課題を可視化しやすくするだけなので実際に解決できるかどうかは腕の見せ所